2008年02月22日

『世界屠畜紀行』その2

『世界屠畜紀行』 作・内澤旬子

すでに紹介している作品だけど
これをもとに考えるようになるトピックは一つにとどまらない
思い出すたびに 煮詰まるたびに
書き残したくなります。

さて、そもそも私がこの本を手に取ったのは
連続して「ベジタリアンです」と名乗る人と知り合ったのがきっかけです。
日本にも結構いるんだなあ。
そういう人が増えてきたのか、
はたまた そういう人たちがいるコミュニティに加わりつつあるのか。

もちろん私は雑食主義者だ(そんな言葉があれば)
むしろ好き嫌いすら、ない。

ちなみに、
かのベジタリアンたちが そうある理由は同じでないようだ。
野菜で得られるエネルギーがとても純粋なんだと信じていたり
動物の命を奪ってまで食べたいと思わない人だったり
単に嗜好の問題だったり。

わたしは農学部専攻なので食糧問題を考えてみれば、
肉食から菜食に移る人が増えるほど
「たべる」ことのできる人が増えるなあとも言える。
たとえば鶏を育てるのに必要な飼料のエネルギー(カロリー)は
その鶏肉から得られるエネルギーの3倍が必要だとか
豚や牛となるとその何倍にもなるとかいう恒例のあの話。

他にも「肌がきれいになる」とか、
アドバンテージはいくらでもあげられるでしょうな。

ともあれ
ベジタリアンに良し悪しは ないでしょう。
主義は、各自でもっていたらいい。好きに選んでいいと思います。

逆に肉食について非難することも、正義ではないと思うのですな。
少なくとも「殺すのがかわいそう」だけは、だめだ。
なんとなく思っていたけど
「じゃあ自分が食べるぶんは自分で屠畜しなさい」となると
「無理」と思う自分にジレンマがあったのね。

それがスッキリ解消されたのがこの本のおかげなんである。
内ザワさんの、後ろめたさない姿勢に尊敬した。
ほんとに「すくわれたー!」と感謝申し上げたくなる。

肉食、菜食いずれにしても
「命をいただく」という点で同じなんだと気づくことが大事。
植物だって、黙っちゃいるけど
人間が鈍感なだけで「殺さないで」と叫んでいるかもしれない。
でも、私達は従属栄養生物。
常に命をいただかずには、生きていけないんだよ。

そこに目をつぶっても生きていけるけれど
まっすぐ認めて、毎食感謝して「いただきます」と言って
これから生きていきたいんだな、私は思いました。

ところで、アスリートにはとくに
「植物タンパクでは不十分なエネルギー」
というものがあるそうです。
あの闘争心、情熱のたぐいは、動物タンパクを控えていると
どんどん失われてしまうそうです。
その例が日本のプロ野球選手にあったとか。
名前わすれちゃったけど、
明らかに能力のある彼はベジタリアンだったのだか
どうしても成績が伴わない。そこで彼の栄養士が
執拗に説得して動物タンパクを摂らせたところ
その翌年、ナントカ王に輝いたそうな。

野菜も肉も ウマイヨナ。

【関連する記事】
posted by 苺 イチ恵 at 13:36| Comment(2) | TrackBack(2) | ウの作者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして♪

トラバ、ありがとうございました。
本当にこの本を読んでいると、途中で何度も
「そうなんだよ!」
と頷き、声に出している私がいました。
日本には
「いただきます」「ごちそうさま」
という、素晴らしい言葉があるんですから
その精神で感謝して、美味しく頂きたいものです。

農学を学んでらっしゃるんですね。
第二の内澤さん目指して(笑)頑張って下さい。

あれ、トラバしようとして間違えちゃった(笑)
またお邪魔します。
Posted by meneater at 2008年03月02日 12:57
maneaterさん

トラックバックにコメントまで頂戴して、
どうもありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお付き合いしてもらえたら
とても嬉しいです。

この本を手にとる、という点できっと
「食」に強く興味をもっている方でしょうし
さらに内澤さんのファインプレー精神に共感する方なら
共有できる話題もきっと少なくないですね!

本を通せば、
そういう輪の広げ方ができるのも
本の持つ魅力の一つだなあって思います。

内澤さんは確実に、
毎日おいしい日本人を増やしてますね!
Posted by イチ恵 at 2008年03月02日 18:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/85587521

この記事へのトラックバック

世界屠畜紀行
Excerpt: おはようございます。今日は昨日書こうと思っていた、内澤旬子さんの『世界屠畜紀行』のお話です。色々なところで紹介されてたので、以前から読みたいなぁ〜と思ってた本です。******************..
Weblog: 乳癌患者のお気楽御隠居日記(超個人的蹴球新聞)
Tracked: 2008-03-02 12:32

『世界屠畜紀行』 内澤旬子 著 (解放出版社)
Excerpt:  私は年に1度くらいだが熊料理を食する。食堂のオヤジが自らライフル(散弾ではない)で射止めた熊を。熊の掌などという高級部位にはありつけるわけがなく、私の口に入るのは単なる熊ステーキ。私は野生動物の肉が..
Weblog: エルミタージュ図書館
Tracked: 2008-03-13 22:38

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。